sside.net

7年ぶりにBlogやってます

かつて、当ドメインでMovable Type 3ベースのBlogをやっていたのが手元のアーカイブを確認すると7年前。確かOSのメジャーバージョンが変わったり、Movable Typeのバージョンアップが面倒だったり、ルータの設定改めたりが面倒でそれまで十数年やってたBlogも止めて7年。今はもうGoogleのインデックスからワイプされ、キャッシュすら残っていない有様になるのが7年。

この7年間死んでいたわけでもなければ、Web上でのアクティビティもなくなったわけではなく、お定まりのTwitterにリソース取られてました。ゲーミングもXbox Live、Steam、PSN、それぞれのオンラインアクティビティもその割合こそ変われど、一応ゲームと共にあったといっても怒られはしないだろうなあというくらいにはやっていました。

最近はゲームプレイ時間も減ってきており、時間が取れるのも通勤中が主で、所謂AAAの大作を遊ぶ比重が減って悲しいところではあるのだけれど、それでもゲームの感想を投げたいときはある。Twitterにゲームの感想を数回に分けてPostしていると物悲しさがあるし、思考は分断されるしでうまくない。Twitterのタイムラインに分断されたまま、フィードの波となり泡と消え流れるくらいなら、纏まった形で「おれの発言だ」というものが残っていくものが改めて欲しくなった。

今回も自宅のサーバでホスティングしてます。まるで00年代初頭の有様。「ママ、どうしておうちにサーバがあるの?」「ウチにはママもガキも居ないからだよ!」まあこの十年紀、一切成長のない奴ですからね…。

今回のサーバの構成は

  • Hyper-V
  • CentOS 7
  • nginx
  • WordPress
  • Let’s Encrypt

の組み合わせ。これすげー楽でいいっすね。いや予備知識ゼロで環境組んだら丸1日持っていかれはしたけれど、シンプルでカスタマイザブル。おれと違ってこの十年紀、世の中は進歩してるんですね。

今回もテンプレートは自分で書いたんですが、この程度のものを作るにもやはり強力なIDEや、”所謂HTML5″関連の進歩のお陰で大分楽になってました。

NetBeans、コード補完が信用ならなかったり、今時のCSSプロパティを警告してきたりしてきましたが、LESS書いて保存したら即コンパイルしてFTPサーバにアップロードするところまで特にこれといった設定をしなくてもやってくれるのは実に楽。ChromeのF12ツールも細かいレイアウト調整の速度を5倍くらい上げてくれる。いや、真面目にやるならBracketやVisual Studio Codeで環境組んでライブプレビュー見ながら調整って感じになるんでしょうが、環境組むの面倒 & ハードル高いので諦めました。それでもエディタで編集 > FTPでアップロード > ブラウザをリロードの繰り返しやってた時を思えば隔世の感。

ページレイアウトはさすがに今は2017年なのでレスポンシブにしてあります。最初は素のCSS書いてから後でメディアクエリ書き足せばいいだろと思ってたら、全く大間違いだったことに後で気づき、1日掛けて書いたCSSをもう1日掛けてLESSで書き直す羽目に…。ベンダープレフィックスとか死んでも使いたくないので”-webkit-text-size-adjust”以外は使ってません。「今時のブラウザだったら大体おれが知ってるようなプロパティ網羅してるでしょ」と特に互換性も気にせず書いてたら、”max-content”、”min-content”が普通にドラフトだし、FirefoxもEdgeも未対応だった…。Chrome以外だと一部表示が壊れてますが、心がポキッと折れてるのでブラウザの対応を待ちます。それにしても、Can I Use見るとFirefoxにEdgeの双方がSafariにすら負けてることがままあるんですが。Chromeに喧嘩売ってる場合ではないのでは。

旧Blogのエントリについては、アーカイブは取ってあるのでそのまま戻すのも吝かではないんですが、今回Blogのパーマリンク構成も変えたし、今更10数年前のエントリそのまま置いても意味がないだろうということで、使えそうなエントリは改めて書き直して上げていくこともあるかなと。

ということで、また暫く投稿頻度も気分次第で適当にやっていこうかとは思います。